自動車保険に加入だ!{君も入らないCar?}

Insurance talking

自転車保険の加入について

保険料を安くする方法について

life Insurance

子供の自転車事故が急増しています。子供が自転車に乗っている最中に車にはねられてしまう事故が昔からよく起こっていましたが、最近は自転車に乗った子供が加害者になる事故が多発するようになってきています。夜道等で子供が運転する自転車が歩行者に激突してしまう事故が結構頻繁に起きています。子供が起こした事故だからと言って、事故の責任を負わずに済ませられるわけではありません。実際に、被害者に深刻な後遺症が残ってしまったり、死亡してしまったりする事故が発生しているのですが、その損害賠償責任を負うことになります。ただし、子供には支払い能力がありませんから、子供の保護者が損害賠償金を支払うことになります。近年、1億円近い賠償金の支払いを命ずる判決がいくつも出ていますので、自転車保険に加入していないと大変なことになってしまいます。自転車保険の保険料は案外安いのですが、その額をさらに低く抑えたいと希望しているのであれば、インターネットの自転車保険比較サイトを利用してみることをおすすめします。

保険契約について

現在、自転車事故だけを保障する個人向けの自転車保険商品は販売されていません。実際には、交通事故や日常生活の中で怪我を負った場合の保障がメインとなった傷害保険契約の基本契約中に、自転車事故による保障も含まれている形になっています。しかし、自転車保険が含まれた傷害保険に加入しているかどうかによって、万が一不幸な事故が発生した時の対処方法が変わってくることになります。自転車保険に加入していれば、被害者との示談交渉は保険会社がやってくれます。また、高額の賠償責任を負ってしまった場合にも、その責任をきちんと果たすことができるようになります。でも、保険に加入していなかった場合は、高額の賠償金を自分で負担しなくてはなりませんから、生活が困窮してしまう可能性が出てきます。被害者側としても、十分な補償をしてもらうことができないと困ってしまいますので、自転車に乗っている家族がいる場合は、必ず自転車保険に加入するようにした方がよいです。家族でまとめて加入すると保険料が割安になる商品もありますので、調べてみることをおすすめします。